TOP > 研究実績紹介

医院の紹介

研究実績紹介

1. 著書

書名(分担の場合はその題目) 発行所
1. Nelson Textbook of Pediatrics 17th edition 翻訳版(衛藤義勝翻訳主幹)、分担:264-267章(マラリア、バベシア症、ニューモシスチス・カリニ肺炎、トキソプラズマ) 蓮井正史 エルセビア・ジャパン 2004
2. 小児科学(小林陽之助編)
分担:感染症(11章)、免疫不全症(12章)
蓮井正史
金芳堂 2001
3. 新小児医学大系、小児医学の進歩、
分担:慢性肉芽腫症の分子生物学的病態解析、活性酸素産生機構を中心に
蓮井正史、小林陽之助
中山書店 1992
4. 医学要点双書、免疫学(第3版)桂義元、桜美武彦編
分担:感染と食細胞
蓮井正史
金芳堂 1991
5. 今日の小児の検査指針(第2版)
分担:モノクローナル抗体
蓮井正史、小林陽之助
医学書院 1990

2. 原著

論文題名(著者名及び共著者名) 発表誌名 頁~頁
1. Dental infections as a cause of persistent fever in a patient with chronic granulomatous disease.
Hasui M, Sasaki M, Tsuji S, Yamamoto A, Takaya J, Taniuchi S, Izumi H, Hagihara T  Daito M, Kobayashi Y
Clin Pediatr 43 171-173 2004
2. Idiopathic CD4+ T-lymphocytopenia in a boy with Down syndrome. Report of a patient and a review of the literature.
Tanaka S, Teraguchi M, Hasui M, Taniuchi S, Ikemoto Y, Kobayashi Y
Eur J Pediatr 163 122-123 2004
3. インフルエンザ迅速診断の有用性と問題 点
小島崇嗣、谷内昇一郎、青木孝夫、木村 章宏、佐守友仁、蓮井正史、高屋淳二、小林陽之助
小児科診療 67 1179-1183 2004
4. アレルギー疾患合併患児に対するインフルエンザワクチン接種の副反応とフマル酸ケトチフェン予防内服の有効性
小島崇嗣、谷内昇一郎、青木孝夫、小野厚、蓮井正史、高屋淳二、小林陽之助
日本小児アレルギー学会誌 18 184-192 2004
5. Successful resumption of trimethoprim- sulfamethoxazole after oral desensitisation in patients with chronic granulomatous disease.
Hasui M, Kotera F, Tsuji S, Yamamoto A,
Taniuchi S, Fujikawa Y, Nakajima M,
Yoshioka A, Kobayashi Y
Eur J Pediatr 161 356-357 2002
6. Increased nitric oxide production by
neutrophils from patients with chronic
granulomatous disease on trimethoprim- sulfamethoxazole. Tsuji S, Taniuchi S, Hasui M, Yamamoto A,
Kobayashi Y
Nitric Oxide 7 283-288 2002
7. Role of reactive oxygen species in neutrophil apoptosis following ingestion of heat-killed Staphylococcus aureus.
Yamamoto A, Taniuchi S, Tsuji S, Hasui M, Kobayashi Y
Clin ExpImmunol 129 479-484 2002
8. Differential diagnosis and clinical course of autoimmune neutropenia in infancy: comparison with congenital neutropenia.
Taniuchi S, Masuda M, Hasui M, Tsuji S, Takahashi H, Kobayashi Y
Acta Paediatr 91 1179-1182 2002
9. マイコプラズマ肺炎を合併した川崎病の1 歳女児例.
田中智子, 寺口正之, 池本裕実子, 蓮井正史, 小林陽之助
Progress in Medicine 22 1581-1584 2001
10. Clinical and bacteriological studies of ceftriaxone (CTRX) once daily administration in pediatric patients with respiratory tract infections.
Hasui M, Kobayashi Y, Harada Y, Ono A, Okazaki H, Kino M, Hara T
Jpn J Antibiot 54 532-540 2001
11. A convenient method of granulocyte transfusion using a hydroxylethyl starch (HESPAN) containing a bag.
Taniuchi S, Yamamura S, Tsuji S, Hasui M, Ohtani T, Nomura S, Kobayashi Y
Pediatr Hematol Oncol 18 299-301 2001
12. FcgammaRIII b and FcgammaRIIa
polymorphism may affect the production of specific NA1 autoantibody and clinical course of autoimmune neutropenia of infancy.
Taniuchi S, Masuda M, Yamamoto A, Hasui M, Tsuji S, Komiyama Y, Takahashi H, Kobayashi Y
Hum Immunol 62 408-413 2001
13. 急性腎不全を呈したネフローゼ症候群の1 症例
岡本真道, 磯崎夕佳, 蓮井正史, 東野博彦, 小林陽之助
日本小児腎不全学会雑誌 21 66-68 2001
14. Two cases of autoimmune neutropenia possibly induced by beta-lactam antibiotics in infants.
Taniuchi S, Masuda M, Yamamoto A, Hasui M, Tsuji S, Takahashi H, Kobayashi Y
J Pediatr Hematol Oncol 22 533-538 2000
15. Chronic granulomatous disease in Japan: incidence and natural history.
The study group of phagocyte disorders of Japan and Hasui M.
Pediatr Int 41 589-593 1999
16. Dizygotic twin sisters with myelokathexis: mechanism of its neutropenia.
Taniuchi S, Yamamoto A, Fujiwara T, Hasui M, Tsuji S, Kobayashi Y.
Am J Hematol 62 106-111 1999
17. Heterogeneity in F-actin polymerization of cord blood polymorphonuclear leukocytes stimulated by N-formyl-methionyl-leucyl- phenylalanine
Taniuchi S, Kinoshita Y, Yamamoto A, Fujiwara T, Hattori K, Hasui M, Kobayashi Y
Pediatr Int 41 37-41 1999
18. 髄液からインフルエンザウイルスA香港 型が分離された髄膜脳炎の成人例
箱田滋、松尾信昭、中谷壽男、八百井雅 実、蓮井正史、前田章子、加瀬哲男、 奥野良信
病原微生物検出情報 20 86 1999
19. 軽症・中等症の下痢原性溶血性尿毒症症 候群におけるγ-グロブリン投与の治療効 果の検討
東野博彦、木野稔、中村章利、卯西元、 蓮井正史、簗川奈生美、岡本一章、 小林陽之助
日児腎誌 12 145-147 1999
20. 小児アトピー性皮膚炎に対する乾燥肌用 入浴バスキーナの臨床経験
小野厚、小島崇嗣、河野脩造、大西敏雄、 松井哲雄、森下縁、田中宏卓、西田直樹、 蓮井正史、藤原寿美、薗田典明、玉田育 子、鈴川純子、卯西元、辻美代子、須藤 博明、田村和夫、青木孝夫、岡崎仁志
小児科臨床 49 171-181 1999
21. 小児アトピー性皮膚炎に対するコラ-ジュ D乾性肌用石鹸およびコラージュデルムの臨床経験
小野厚、薗田典明、松井哲雄、卯西元、 蓮井正史、石川寿美、玉田育子、鈴川純 子、森下縁、田中宏卓、辻美代子、須藤 博明
小児科臨床 47 377-387 1999
22. Decreased CD4+CD29+ (memory T) cells in patients with chronic granulomatous disease.
Hasui M, Hattori K, Taniuchi S, Kohdera U, Nishikawa A, Kinoshita Y, Kobayashi Y.
J Infect Dis 167 983-985 1993
23. Successful trimethoprim-sulfamethoxazole therapy in a patient with hyperimmunoglobulin E syndrome.
Hattori K, Hasui M, Masuda K, Masuda M, Ogino H, Kobayashi Y.
Acta Paediatr 82 324-326 1993
24. 当院における小児気管支喘息治療の検討
小野厚、石川寿美、蓮井正史
アレルギーの臨床 12 286-288 1992
25. Increased phagocytic activity of polymorphonuclear leukocytes of chronic granulomatous disease as determined with flow cytometric assay
Hasui M, Hirabayashi Y, Hattori K, Kobayashi Y
J Lab Clin Med 117 291-298 1991
26. Polymorphonuclear leukocyte heterogeneity of Fc receptor expression and membrane potential in human neonates.
Masuda K, Kinoshita Y, Hasui M, Kobayashi Y
Biol Neonate 60 168-175 1991
27. 感染症新生児の好中球付着能と走化能
木下洋、増田清和、蓮井正史、岡崎仁志、 小野厚、小島崇嗣、松崎修二、岩瀬帥子、 小林陽之助
新生児誌 24 557-561 1999
28. Difference in changes of membrane fluidity of polymorphonuclear leukocytes stimulated with phorbol myristate acetate and formyl- methionyl-leucyl-phenylalanine: role of excited oxygen species.
Masuda M, Komiyama Y, Murakami T, Murata K, Hasui M, Hirabayashi Y, Kobayashi Y
J Leukoc Biol 47 105-110 1990
29. ホウ酸誤飲の2症例-クルクマ試験紙によ る尿中ホウ酸濃度半定量の試み-
西村理恵子、平林洋一、蓮井正史、小林 陽之助、吉田学、石田哲朗
小児科 31 497-500 1990
30. Simultaneous measurement by flow cytometry of phagocytosis and hydrogen peroxide
production of neutrophils in whole blood Hasui M, Hirabayashi Y, Kobayashi Y
J Immunol Methods 117 53-58 1999
31. Abnormal membrane fluidity as a cause of impaired functional dynamics of chemoattractant receptors on neonatal polymorphonuclear leukocytes: lack of modulation of the receptors by a membrane fluidizer
Yasui K, Masuda M, Matsuoka T, Yamazaki M, Komiyama A, Akabane T, Hasui M, Kobayashi Y, Murata K.
Pediatr Res 24 442-446 1988

3. 総説その他

題名 発表誌名 頁~頁
1. 小児疾患診療のための病態生理; 好中球遊走能異常症
蓮井正史, 小林陽之助
小児内科 34(増刊) 2002 2002
2. 慢性肉芽腫症
蓮井正史
臨床検査 43 440-444 1999
3. フリーラジカルによる心筋細胞障害
蓮井正史、服部和裕、小林陽之助
医薬ジャーナル 28 2679-2683 1992
4. 好中球
蓮井正史、小林陽之助
小児科診療 53(増刊号) 598-601 1990
5. 慢性肉芽腫症
蓮井正史、平林洋一、小林陽之助
小児内科 20(増刊号) 729-733 1990
6. 食細胞機能異常症
蓮井正史、小林陽之助
日本医事新報 No.3471 26-30 1990
7. 活性酸素生成不全症-原発性、続発性
平林洋一、蓮井正史、小林陽之助
臨床免疫 21 250-263 1989
8. 免疫不全患者におけるブドウ球菌感染症
蓮井正史、平林洋一、小林陽之助
小児内科 21 1056-1060 1989
9. 好中球異常症と易感染性
平林洋一、蓮井正史、小林陽之助
小児内科 20 1841-1848 1988
演題名 発表者及び共同発表者名 学会名 年月
1. Usefulness of polymerase chain reaction in the diagnosis of bacterial meningitis Hasui M, Ubukata K, Imai Y, Noda R, Ikemonoto Y, Kobayashi Y Asian congress of Pediatric Infectious Disease 2002年11月
2. Proposal of inclusion of serum adenosine deaminase activity in the diagnosis of Epstein-Barr virus infection Hasui M, Iwamoto Y, Tsuji S, Ono A, Kobayashi Y XXII International congress of Pediatrics 1998年8月
演題名 発表者及び共同発表者名 学会名 年月
1. β-Dグルカンの一過性上昇を呈したCGDの一症例 蓮井正史、伊藤太一、畑埜泰子、辻章志、谷内昇一郎、小林陽之助 第11回食細胞機能異常症研究会 2003年12月
2. 特異的な経過を示したCGD骨髄炎の1症例 蓮井正史、伊藤太一、畑埜泰子、辻章志、谷内昇一郎、小林陽之助 第11回食細胞機能異常症研究会 2003年12月
3. 汎血球減少をきたしたCGDの2症例 蓮井正史、梶原敬一、伊藤太一、畑埜泰子、辻章志、山本明美、磯崎夕佳、谷内昇一郎、小林陽之助 第10回食細胞機能異常症研究 2002年12月
4. 診断時に肺の炎症性瘢痕を認めたcommonvariable immunodeficiency 蓮井正史、上松一永、中野崇秀、畑埜泰子、伊藤太一、辻章志、谷内昇一郎、小林陽之助 第35回日本小児感染症学会 2003年11月
5. 若年性関節リウマチ(JRA)様の症状が出現したマイコプラズマ肺炎の1例 蓮井正史、小寺史子、寺口正之、小林陽之助 第105回日本小児科学会 2000年4月
6. 慢性肉芽腫症におけるST合剤の脱感作療法 蓮井正史、伊藤太一、畑埜泰子、辻章志、谷内昇一郎、小林陽之助 第104回日本小児科学会 2001年5月
7. 小児科領域感染症に対するCeftriaxone(CTRX)1日1回投与の検討 蓮井正史、小野厚、木野稔、原田佳明、岡崎仁志、小林陽之助 第48回日本化学療法学会西日本支部総会 2000年12月
8. 脳症、多臓器不全を合併したサルモネラ腸炎の1例 蓮井正史、田辺敏明、寺口正之、荒木敦、谷内昇一郎、東野博彦、小林陽之助 第102回日本小児科学会 1999年4月