TOP > 院長ごあいさつ

医院の紹介

院長ごあいさつ

院長

はじめまして。院長の蓮井正史(はすい まさふみ)です。
「はすい小児科」は大日イオンモールの隣、ベア—ズ2Fに平成23年4月15日に開設しました。

私は関西医科大学を卒業後、小児科医として臨床研修を重ねた後に関西医科大学附属病院で10年以上にわたり腎臓病、リウマチ疾患、先天性免疫不全症、感染症の分野を専門としてきました。その間、多くの重症疾患のお子さんの治療に携わり、様々な、これらの経験を今後の小児医療に生かしていきたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。

プロフィール

昭和34年石川県小松市生まれ。蟹座、O型
昭和59年関西医科大学卒業
平成2年関西医科大学大学院卒業
平成15年関西医科大学附属病院小児科病棟医長
平成16年関西医科大学小児科講師
平成20年関西医科大学附属枚方病院准教授
平成23年4月「はすい小児科」開設

医学博士

鼻、のどに細菌が侵入した時、真っ先にこれらの菌を退治してくれるのが白血球です。この白血球の働きに異常があると肺炎を繰り返したり、肺炎が治らなかったりします。この異常を見つける方法を見つけて医学博士になりました。この方法は今でも関西医科大学小児科で利用されています。

認定医

日本小児科学会認定 専門医
日本感染症学会認定 専門医
日本化学療法学会認定 抗菌化学療法指導医
ICD(インフェクションコントロールドクター)

所属学会

日本小児科学会
小児腎臓病学会(評議員)
日本感染症学会
小児感染症学会(評議員)
日本化学療法学会
小児リウマチ学会

趣味

スポーツ観戦(高校・大学時代はサッカー部に所属)

好きな食べ物

何でも食べます。嫌いな物はありません。